0~3歳連れで飛行機に乗るなら!対策と注意点

こんにちは、あんずです。

みなさん子連れで飛行機に乗った経験はありますか?小さな子どもを連れての飛行機って、楽しみ半分不安半分ですよね。

うちも何度か娘をつれて飛行機に乗りましたが、騒ぎ出したらどうしよう?泣き続けたらどうしよう?と不安になっていました。

そこで本日は、あかちゃん&幼児をつれていながら穏便に(笑)飛行機に乗る際のポイントをまとめます。

スポンサーリンク




0~3歳連れで飛行機に乗るなら!対策と注意点

まずは、機内での対策について。年齢別に分けてご紹介します。

0~1歳

まだまだ赤ちゃん時期の子へのベスト対応は、ズバリ寝かす!でしょう。

せっかく飛行機に乗るから反応を見てみたい・・とも思いますが、これくらい小さいと喜ぶというよりは雰囲気や音に驚くか怖がることの方が多いはずなので、終始機内で泣き叫び続ける、、という最も避けたい事態を防ぐ為にも思い切って熟睡を目指しましょう。

一度泣き出すと、ベルト着用サインがついている間は立ち上がってあやすこともできません。

授乳中なら、ケープを手荷物で持って行って離陸時に授乳タイムをすれば、赤ちゃんは眠たくもなってくれるしおっぱいを飲み込むことで気圧変化による耳の違和感も防げて一石二鳥でおすすめです。

2~3歳

続いては、飛行機とは何ぞやを多少は理解ができてくる2~3歳。

このくらいの子どもには、事前に飛行機の絵や写真をたくさん見せて空を飛ぶことを教え、「これに乗るよ~!」とわくわく気分をがっつり盛り上げておくと、恐怖より楽しみが勝ってくれるかもしれません。

我が家の場合もこの作戦で、かなり前から「飛行機は最初こうやって走って~こんな風に飛び上がるよ!すごいね!」と教えつつ飛行機=楽しい・わくわくというイメージづくりを行いました笑

そのかいあってか、娘の場合は一切怖がることなく「うわ~飛んだね~」と景色まで楽しんでくれていました。

とはいえ、そんなに簡単に眠ってくれない上にじっとしていることもまだまだ難しいこの時期。離陸を乗り切った後は暇つぶしできるおもちゃが必須です。

機内の音楽やテレビを活用するのももちろんですが、

  • シールブック・ワークブック
  • お絵かきセット
  • 折り紙

などなど、100均でも手に入るような、軽くてかさばらずなおかつ時間稼ぎができるおもちゃをいくつか用意しておくと安心です。

加えて、ラムネなどのお菓子もあればご機嫌取りに使えます。

最近は機内wi-fiを利用して空の上でもwebにつなげられることも多いので最終手段は空の上でのアンパンマンやしまじろう動画ですが、旅行中はあまりケータイの電源を一気に消費したくないところなので、ぜひ100均おもちゃやお菓子を利用してみてくださいね。

先日の旅行時も見たのですが、ベルト着用サインがついている間中機内に泣き声が響き渡り、立ってもOKになっている時間はずっとママとパパが交代でトイレ前のスペースで子どもをあやし続けるという事態に陥っているご家族も少なくありません。

大変だ。。がんばれ。。と心の中で応援しましたが、どうにかそうならないようにこういった対策を試してみてくださいね。

その他注意点

マグは噴水になります!

ちょっと考えれば「そりゃそうだ」なのですが、赤ちゃんや小さな子どもが使うストローマグは、中身が入ったまま機内に持ち込んで離陸後に開けると気圧の変化で噴水のように中身が飛び出します!笑

はい、我が家もやりました。旅行先に到着する前に子どもも親も服びちゃびちゃ。。にならないためにも、マグに飲み物を入れるのは離陸後にしましょう。。

トイレでのおむつ替えは可能

機内のトイレにはおむつ替え用の台がある(LCC旅客機は不明なので要確認)ので、おむつ替えは可能です。

が、とにかく狭い上に飛行機のトイレって常に轟音が響いていて子どもが怖がってしまう可能性大なので、搭乗直前のおむつ替えは忘れずに行っておきましょう。

いかがでしょうか。

子連れ旅行は大変なことも多いですが、その分楽しみもたくさんですよね。素敵な旅になるよう、対策してみてくださいね。

ではまた次回!

スポンサーリンク







よろしければシェアお願いします

フォローする