【幼児用通信教材はどう選ぶ?】こどもちゃれんじEnglish始めます

こんにちは、あんずです。

今月で娘が2歳半になるのを機に、さんざん体験セットやDVDが届いていたこどもちゃれんじを始めることを検討し始めました。

届く案内には2種類あり、

通常のこどもちゃれんじと、英語に特化したこどもちゃれんじEnglish。

それぞれ別で案内が届いていましたが、どちらにもメインキャラで出てくるしまじろうが娘にもしっかり浸透してしまい、

DMが届くたびに「あー!ぴれびろう(しまじろう)だぁ!」と喜ぶ姿を見せるせいで我々の心は動かされてしまったという、ベネッセの戦略にまんまとはまった形になりました。笑

入る気ゼロなら、体験DVDも見ない・見せないことをおおすすめします笑

そこで悩んだのが、

  1. 通常のこどもちゃれんじであるこどもちゃれんじぽけっとにするべきか?
  2. 英語に特化したこどもちゃれんじぽけっとEnglishか?
  3. はたまたダブル受講か??

という選択肢です。

すでにしまじろう好きになっている娘がどちらも喜ぶことは目に見えているけど、果たしてどちらも入る必要があるのか!?と悩んで調べた結果出した結論とその理由をご紹介します。

スポンサーリンク




選んだのはこどもちゃれんじぽけっとEnglish!

ダブル受講もいいなと思わせる理由は2つほどありました。

  • 通常版は毎月、英語特化版は2か月に一回届く形でムリがない
  • 通常版と英語特化版のダブル受講なら年間4000円ほど英語版の受講費が割引される

という理由です。年間4000円、、、悩ませる金額、、、

しかし結論から言うと、選んだのこどもちゃれんじぽけっとEnglishのみ

こどもちゃれんじEnglishの決め手は、

  1. 英語の通信教育としてはとてもお手頃な値段設定
  2. すでにしまじろうが浸透している娘が確実に興味を持つ
  3. アルファベットは覚えたけれど「単語」や「話す」という点ではまだまだスタート段階で、内容的にも合っていた

というものでした。

ではなぜ通常版はやめたのかというと、その理由は2つ。

理由1:通常版はすでにできることが多すぎた

今年の夏に3歳になる娘は4月から「ぽけっと」というクラスになるようで、届く資料には「ぽけっと」で年間を通して届く内容が一覧で紹介されているのですが、

もうできる、わかる、知っている、と思うものがとても多かったのです。

例えば色・形・大きさを学ぶための教材や、赤ちゃんのお世話やボタンを留める練習になるぬいぐるみが届くのですが娘はどれも習得済み。

覚えたことを確認・定着させるためのおもちゃやパジャマ(ボタン留め用)も家には揃っています。

赤ちゃんのお世話という精神面の育成も、ずっとお気に入りのぬいぐるみをすでにしっかりかわいがってお世話しているのでうーーん、不要。と思ってしまうのでした。

おむつはずれの練習セットやDVDがついていることは魅力でしたが、それだけなら他にもやりようはいくらでもあるし、、と、あえてこの段階から「ぽけっと」を受講するメリットは娘には少ないなという結論に至ったのでした。

理由2:かといって一つ上のクラスは早すぎる

この年齢のものがちょっと物足りないなら、一つ上のクラスはどうだろうか?と思い調べたところ、

こどもちゃれんじは違う年齢のコースも選択可能

ということを知りました。

さっそく資料請求して確認したところ、さすが1年先という感じでひらがなの習得や幼稚園などの集団生活への練習がメインになる内容でした。

ひらがなには多少の興味は持ち始めているものの、まだまだピンときていない様子の娘。

家で絵本などを使ってちょくちょく意識させてみて、ピンときたタイミングでドバっと習得させてやりたいなぁと企んでいますが、いつピンとくるかがわからないのに毎月どんどん教材が届くのも悩ましいところ。

加えて、幼稚園が2年保育の地域に住んでいるため集団生活メインの内容もまだ少し早すぎることもあり、この一つ上のコースも娘にはちょっとずれているなという内容でした。

できるなら、「半年先」の内容くらいからがちょうどいいなと思うのですが、、

ベネッセさーん、そんなこともできるようにしてもらえませんかー(届かぬ想い

ポイントは「わが子にはどうか?」

当たり前ではありますが、幼児教育の教材を選ぶときには提示された年齢ではなく自分の子どもにはどうか?という基準で見るべきだと思います。

できるよ♪という自信につながる体験と、

できた!という手が届く範囲での挑戦

の繰り返しをいかにバランス良く提供してやれるかが大切なんだろうなと思います。

そのバランスもこどもの性格によって変わってくるでしょうし、得意不得意ももちろんそれぞれ違ってきます。2歳とはいえ学びの面でもすでにしっかり個性が出始めているんですよね。

そして今の時期にじっくりと「最適」を見極めてやれるのは、親しかいないとも思います。

お勉強方法が山ほどある時代に、本人が楽しんで、分野毎に最適なレベルのものを選んで学びのベースを作ってやりたいなと感じる今日この頃なのでした。

2歳半以降のこれからはどんどん高度な学びにも挑戦ができると思うので、お金を多少かけたりかけなかったりしながら娘に合った幼児用教材を試していきたいと思います。

こんな子にこれはおすすめ!というものが見つかればご紹介します。

ではまた次回!