2歳からできるお手伝い

こんにちは、あんずです。

小さなお子さんのお世話をしながら家事をこなすママさん、毎日大変ですよね。

「大変」とひとくくりにすると「やることが多くて大変」なだけのようにも聞こえるけど、それだけではないんですよね。

やろうと思うことをやろうと思うタイミングでできない。延期と中断と変更の連続が毎日、どれだけ急いでいても疲れていても繰り返される。それが体力的な「大変さ」に加えた精神的な「大変さ」なんだと思います。

これは子供を産むまで知ることのない大変さでした。

ということで、我が家も例にもれず家事をしだすとかまってほしくてぐずりだす娘への対策に頭を悩ませた結果、家事に娘をまきこむしかないという結論に至りました。

2歳からできることを試しながら探しているので、おなじようにお悩みのままさんたちの参考に少しでもなればと思いつつ、ご紹介します。

スポンサーリンク




料理

料理を一緒にする場合は、いつもよりだいぶ早い時間から準備を始めた方がいいです。そうするとこどもがゆっくり作業していてもいらいらせずに見守ることができます。

お米をとぐ

こぼしそうで最初はひやひやしましたが、しゃかしゃかと米をとぐ動きなら2歳でも上手にできるようになります。

手をこんな形にして、ぐるぐるしてね、と一度見せてやると、一生懸命それをマネして洗うようになりました。水を捨てる動作はまだむずかしいので、大人がやってあげてくださいね。

たまねぎの皮むき

たまねぎはヘタを最初に切って、簡単に皮がむけるようにしてからトライさせてみるとすぐにむけるようになりました。茶色いのが皮だということも1度で理解したようです。三角コーナー等に皮を捨てるようにお願いしておけば、ばっちりです。

切った野菜をざるに入れる

人参やじゃがいもなど硬いものを切るのはまだ怖いので、切ったものをザルやボウルに入れるという作業をお願いしています。そうすると、切っている間はおとなしく見学してくれるようになりました。包丁近くに手がのびてくるのには、十分ご注意を。

サンドイッチ

材料さえ用意してやれば、重ねるだけなので2歳ころにはちょうどいい「クッキング」です。お休みの日の朝ごはんなんかにできれば、パパにもたべさせてあげられてこどもも喜び倍増だと思います。

ハンバーグ/肉詰め

混ぜる作業が大好きなので、ひき肉料理はお手伝いにもってこいです。ただまだ肉をこねるほど力がないので、「こねてるつもり」レベルではありますが、本人はとても楽しそうにがんばってくれます。ハンバーグや肉詰めの「形作り」もまだまだきれいにはできませんが、私の手元を一生懸命見ながらマネようとしているので、もう少し先には任せられるかな?

肉巻

野菜を薄切り肉でまく作業も案外できるもので、肉を広げてあげるだけで見よう見まねで野菜を置いてまけるようになりました。ほどけないようにきつくまくことはできないのですが、焼くと肉が縮むので案外そのままで大丈夫だったりします笑

バナナむき&カット

包丁を持たすのはまだ怖いですが、食事用のナイフなら手を切る心配も半減なので、見守りながら使わせています。ちょうどいいのはバナナ。

房から取る→皮をむく→食事用ナイフで切る→お皿に入れる→フォークを準備して食べる

という一連の動きを全部一人でさせています。離乳食時期をすぎてバナナに飽きつつあった娘ですが、これをしだしてからはまたバナナをよく食べるようになりました。安くて栄養価も高く、常備していたい果物ですよね。

洗濯

たたむ

大人用の服はまだ大きすぎるので、ハンカチやこどものパジャマをたたませています。そのまましまってしわになってもいいものを笑

おかあさんといっしょのたたむコーナーなんかをみているからか、お手伝いし始めにちょうどいい作業ですよね。

干す

洗濯干しも、やり方を工夫すれば手伝ってもらえます。まずは子どもの手の届く場所に物干しの棒を準備し、靴下など小さなものをひっかけさせてそれを竿ごと挟める洗濯バサミで留めさせます。

靴下を干すようなピンチは、片手で開いて片手で洗濯物をそこにもっていくという動作になるのでちょっとむずかしいようですが、棒に洗濯物をひっかけて、両手で洗濯バサミを開いてそれを抑えるという工程ならすぐにできました。

掃除

ほこりとり

掃除機をかけていると追いかけてくるあのおじゃま感、、あれをどうにかしたく、クイックルの手持ちのほこり取りかシートを付けるフローリングふきのどちらかを選ばせて持たせています。

これについては正直対応途上で、途中で飽きたらすぐ掃除機おいかけごっこが始まります。。言われるがままに渡して壁や家具にガンガン当てられても悲しいですし、今はカーペットの一部を「君の担当エリアだ」と宣告してそこだけやらせたりしています。

窓ふき

心配なく一緒にできる掃除が、これ。濡れた雑巾で私が拭いた後を乾いたぞうきんで拭いてもらうと(下の方だけですが笑)しっかりお手伝いしてもらえます。「道具を使って何かをする」のが好きなので、雑巾等の扱いやすいものを渡してあげると喜びますよ。

以上、2歳からできる3大家事のお手伝い例でした。

家事をしている間はテレビやDVDを見せたりしておとなしくさせたくなりますが、

「あぁ見せすぎかな、、」とほんのり湧き上がる罪悪感にさいなまれるよりは、半分知育・教育のつもりで一緒に家事に巻き込んでしまうのがおすすめですよ。

またできることを見つけたら紹介します。

ではまた次回!

スポンサーリンク







よろしければシェアお願いします

フォローする