高くてもおすすめ!?アート引越センターの感想と注意点

こんにちは、あんずです。

昨年秋に新居に引っ越した我が家ですが、引っ越し業者は0123♪でおなじみのアート引越センターさんにお願いしました。

ネット上での口コミがやたらといいアートさんですが、本日は実際のところはどうだったか、率直な感想をご紹介します。

スポンサーリンク




高くてもおすすめ!?アート引越センターの感想と注意点

手際&作業は文句なし

一番重要な引っ越し作業の手際や丁寧さから言うと、ずばり文句なしでした。

我が家に来てくださった作業員の方は合計4名で男性3名女性1名という構成でしたが、ひとりひとりが無駄な動きが無くテキパキともくもくと作業してくださっていて、プロだな~~と終始安心して見ていられました。

平均年齢は30代というところですが、20代の若いお兄さんがいたり40~50代のおじさまがいたりと幅広い中で、みなさん清潔感もあってとにかく好印象でした

アートの一番の人気理由はこの作業員さんのレベルの高さにあるんだろうな~と実感しました。

また、梱包資材に関しても食器専用のケースや靴専用のケースなど他の業者さんでは紹介されなかった便利なものが多く、引っ越し準備もさくさく進められました。

見積もり時はやや注意

そんなこんなで作業に関しては文句なしだったのですが、注意すべきはお値段交渉です。

他と比べてやや相場が高めのアートさんですが、最初の見積もり金額は相場よりもさらに高く出てくると思った方がいいです。

営業さんとして当たり前と言えば当たり前ですが、まずは向こうもこれでは決まらないだろうというレベルの高値から入ってくることがあります。

これはアートさんに限ったことではなく、引っ越し業者さんの最初の見積もり金額は相場より高いことがほとんどのようです。

実際我が家に来た営業さんはどの業者も、ネットで調べた相場金額よりかなり高めに提示してきました。

大がかりな引っ越しに慣れている方の方が少ないと思うので「こんなもんなのか」と納得してしまいそうですが、「最初の金額は高め」という意識を持って交渉に臨む必要があります。

お値段交渉のポイントはこれ!

とはいえ、ちょっと高いからまけてよ~~とはさすがに言いにくいですよね笑

では、お値段交渉をする上で大切になるポイントとは何があるのでしょうか。

我が家も実際に使ったお値段交渉カードはこんな感じです。

  1. 相見積もり
  2. アートショッピング
  3. 即決

まずもっとも大切なのは相見積もりを取ることです。初めからアートさんで決めるつもりだったとしても面倒がらずに、必ず複数の引っ越し業者さんに同条件で見積もりを出してもらいましょう。

そして交渉では正直にどこの業者と相見積もりを取っているかということも伝えましょう。これだけでも金額が下がる可能性が高いです。

2つめは、アートショッピングというアートさんが行っている物販を利用することで引っ越し代金を割り引きしてもらう方法です。

エアコンやヒーターといった季節家電など、引っ越しを機に買い替えたり買い足すことも多い商品をアートさんの物販部門から購入することができるので、うまくいけば家電量販店などよりも安く家電や必要な生活用品が手に入る上に引っ越し料金も割り引いてもらえるかもしれません。

我が家の場合もエアコンをアートショッピングで購入したことで、エアコンの料金もお買い得、引っ越し料金も割引、そして別途手間をかけずに引っ越し当日からエアコンが使える(コレけっこう大きいです)というメリットを受けることができました。

3つ目は、この価格なら今、即決しますと宣言してしまうことです。

簡単なことですが、余計な時間ややりとりの手間をかけずに契約を確約する発言は営業さんもきっと心が揺らぐはずです。

1つ目や2つ目と比べるとあまり強いカードとは言えませんが、予算を大幅にオーバーしている時は即決をカードに交渉してみる価値はあると思います。

もう一つ、お値段交渉ができるとすればすいている日時を選ぶことです。我が家の場合は仕事の関係などで値段交渉より便利な日時を優先しましたが、可能な方は安くしてもらえる日はあるか聞いてみるのも手かもしれません。

もちろん条件によってはこれらの交渉カードの効果がない場合もあると思いますが、知らないままに相場より高い金額で契約をしてしまって後から後悔、という状況は避けたいところですよね。

まとめ

最後に感想とポイントをまとめると、

  • 作業・手際は文句なし
  • 最初の見積もり金額で決めるのは早い!
  • 相見積もりは必ず取る
  • アートショッピングをうまく使えればラッキー
  • 即決する覚悟をもって交渉する

といったところです。

新居への引っ越しという一大イベントを気持ちよく過ごすためにも、引っ越し業者選びもちょっぴり手間をかけてみてくださいね。

ではまた次回!

スポンサーリンク







よろしければシェアお願いします

フォローする