『女の子に着せたい毎日の服_フリルつきトップス』作りました

こんにちは、あんずです。

本日は、人気の子ども服ソーイングの本『スタイリスト佐藤かなが作る女の子に着せたい毎日の服』よりフリルつきトップスを作ったのでご紹介します!

スポンサーリンク




『女の子に着せたい毎日の服_フリルつきトップス』作りました

ずっと気になっていて最近ようやく手に入れたこの本。さっそく秋口用に一枚作ってみました。それがこちら。

▼表

▼裏

一見とてもシンプルですが、横から見ると袖のフリルが印象的でとっても好みです♪スタイリストさんらしいおしゃれなデザインですよね。

襟の処理は後ろだけゴム!

佐藤かなさんのパターンを作るのはこれが初めてで、デザインを含めいろいろと新鮮なポイントが勉強になったのですが、一番なるほど!と思ったのは襟元の処理

普通、布帛(伸びない布)でトップスを作るとなるとボタンやファスナーを使いますが、この本は表紙にも書いているとおりボタンなし!ファスナーなし!というお手軽パターンばかり。

じゃぁどうやって襟元処理するの?全部ゴム?と思いましたが、

このパターンを含めいくつかに使われていた方法がこの「後ろだけゴム」

襟元をぐるりとゴムにしてしまうとスモックのような雰囲気になりますが、後ろだけゴムだと簡単に襟元の処理が終わる上に、前から見るとすっきりしていて後ろはくしゅっとしているという表情の違いも楽しめてかわいく仕上がります。

▼後ろのゴム部分

それからもう一つこの本の特徴として、型紙に出来上がり線と縫い代線の両方が描かれています。

線が多い分なぞるときにちょっとややこしい気もしますが、カーブや細かい箇所の縫い代つけって結構面倒な上に難しいので地味にうれしいポイントでした。

使った生地

続いては生地について。

今回使った生地は、マルイシさんのとろける国産ダブルガーゼ。色はライラックです。

名前と絶妙な色味に惹かれて購入したところ思った通りのすてきな生地で、やわらかい肌触りが子ども服にもぴったりでした。

もう半袖は寒いかな?と思いつつ、動き続ける子どもにはまだしばらく半袖でいいかとも思いつつ。。

ダブルガーゼなどの薄手の生地で作れば、そんな秋口の気温にもちょうどいい一着になるのでぜひチェックしてみてくださいね!

ではまた次回!

スポンサーリンク







よろしければシェアお願いします

フォローする