必要なコンセントの考え方

こんにちは、あんずです。

おうち作りも終盤にさしかかってくると、コンセント問題が浮上しますよね。

建ててからでは増やすこともできないし、後悔しないように考えたいところ。本日は、我が家がコンセントについてどう考えたかをまとめます。

スポンサーリンク




用途を洗い出す

コンセントの位置と数を考える際には、やや面倒ですが具体的にどんな電化製品を使う可能性があるかを洗い出すのが一番だと思います。

各家庭によって少しずつ違ってくるので、今いる部屋を見渡してどんなものがコンセントにささっていて新居ではどこで使うのかを具体的に考えましょう!

我が家の場合出てきたのはこのようなラインナップ

  • 掃除機
  • スマホ充電器
  • 空気清浄器
  • 扇風機/電気ストーブ
  • アイロン
  • テレビ
  • ホットプレート
  • クリスマスツリー

それぞれご紹介します。

掃除機

コンセント使用の代表と言えばこれですよね。掃除機もいろんな形があるので、各家庭に必要なコンセントがここでぐっと変わってくると思います。

コード付き掃除機を使う

我が家がそうなのですが、コード付きの掃除機を使う場合は最低限コードが届く範囲でまんべんなくコンセントを付ける必要があります。階段や廊下もお忘れなく。

充電式掃除機を使う

この場合のオススメは廊下収納の中にコンセントをつけておくことです。我が家も充電式のコードレス掃除機を買い足すことを考えて、廊下の収納内にコンセントをつけました。この見えない充電スポットをつけておけば、電動自転車の充電等にも使えてとても便利ですよ。

ロボット型掃除機を使う

今やかなり普及してきているルンバのようなロボット型掃除機を使う場合は、掃除機の「おうち」を部屋のどこかに作ってしまうのがベストだと思います。リビング収納の下等、隠れてしまえるところにコンセントと収納スペースを作ってしまうのが、一番スマート。

スマホ充電器

寝るときしかスマホ充電しない方であれば寝室の枕元近くにあるだけでいいかもしれませんが、基本的にLDKで充電する場合はどこを使うかも考えておくべきかと思います。小さな子供がいるご家庭ではとくに、届かない場所でこっそり充電できる場所があるかないかではかなり違ってきます。

空気清浄器

ほぼ1年中稼働している空気清浄器は、コンセントと置き場ができるだけ近い方がいいですよね。愛用しているご家庭は、間取りが決まった段階で設置場所を決めておきたい家電です。

扇風機/電気ストーブ

この2つも、風/暖かさがほしい位置からコンセントまでができるだけ近い方がいい家電。2個口を空気清浄器と共用で使うのも手ですね。

アイロン

どこでもよさそうなアイロン用コンセントですが、なんでも興味深々の2歳児がいる我が家では、子供が起きているときでも作業できるように高い位置でアイロンがけをするように計画しました。場所は洗面所。収納棚の下を広く開けてアイロン用ワゴンを設置し、しゃがまずにさせるところにアイロン用コンセントを付けました。小さなお子様のいるご家庭には、アイロンの場所を事前に考えてコンセントも決めておくことをお勧めします。

テレビ

テレビのコンセントは、壁かけでもテレビボードでも、とにかく見えないようにつけるのがポイント。基本さしっぱなしになるテレビコンセントは、見えてしまっていたら一気にごちゃついて生活感満載になりますよね。テレビとテレビ台のサイズを考えて、見えないジャストな場所に指定したいところです。

ホットプレート

ダイニングテーブルでホットプレート料理をすること、ありますよね?その時に、あまり長くないホットプレートコンセントをちょっと遠いところにさすには、延長コードもしくは「ややつっぱっているからひっかからないように気を付ける」という不便なことになりえます。ダイニングテーブルから遠くない、かつ人の邪魔にならない位置に一つあれば、便利ですよ。

クリスマスツリー

どうでもよくね!?と言われそうですが笑 今では電池式の電飾ツリーも多いかと思いますが、コード式のものがお家にあるならツリーをどこに置いてどこのコンセントをつかうかもうっすら考えておいてもいいと思うのです。せっかくきれいに飾りつけしてもコンセントが部屋の中をだらーんと伸びていたらおしゃれさ半減だと思いませんか?おしゃれさを追求するなら、コンセントケーブルは敵でしかないのでできるかぎり見えない工夫が大事ですよね。

その他

その他、固定電話、こたつ、後付のおしゃれ照明、PC机等をおく予定があればそれらのコンセントの位置も考えておく必要があるかと思います。

家づくりも終盤にさしかかるころに浮上するコンセント問題。これまでの疲れからとりあえず適当に、と思考停止してしまいそうですが、気楽にもうひとがんばりしてみてくださいね。

ではまた次回!

スポンサーリンク







よろしければシェアお願いします

フォローする