『パターンレーベル_ファスナーリュック』作りました

こんにちは、あんずです。

本日は、パターンレーベルさんの人気パターン、ファスナーリュックをこの夏で3歳になる娘用にSサイズで作ってみましたのでご紹介します!

なかなか作りごたえ(?)のあるアイテムでした。。

スポンサーリンク




『パターンレーベル_ファスナーリュック』作りました

完成したのがこちら!

キルト生地を使ったので全体的にふんわりかわいい感じに仕上がりました。

前面にあるファスナーポケットだけでなく、開くと中にも前と後ろどちらにもポケットがあるので使い勝手良し◎です。

ちなみにSサイズを作ろうと思うと、MとLがセットになったファスナーリュックのパターンにオプションでSサイズの型紙を購入する必要があります。

作り方がM・Lサイズの方にしかついていないのですな。せっかく全サイズ揃うので親子お揃いで作ってみてもすてき。気合いいるけど。

使った生地

今回使った生地は、デコレクションズさんのキルティング生地。

先日作ったミニボストンのキットで使ってその雰囲気がとても気に入ったので、さっそく生地だけ別途購入したのでした♪

⇒このバッグ作成時の記事はコチラ

そんな風に布ありきで作成を決めたので迷わずキルティング生地を使ったわけですが、このリュックはキルティング専用パターンというわけではなく厚手ならどんな生地でも作成できます。

ただ作ってみて思ったのは、キルティングで作るとマチ部分や生地が複雑に重なる部分がめちゃ縫いにくい!ということ。。

娘の絵本バッグくらいでしかキルティング生地を扱ったことがないのも理由だと思いますが、なかなか苦労しながらの作成となりました。

キルティングだと肩紐部分などに別途中綿を入れる必要がなかったり、かわいらしい見た目になるという利点はありますが、次作るとしたらオックスあたりにします。。

作成にあたってのポイント

続いては作成にあたってのポイントをいくつかまとめます。

工程もパーツも多い!

まず、普段子ども服を作ることが多い私にとって、過去作ったものの中で最大量の工程とパーツでした。

複雑な形の布ものづくりに慣れている方なら別ですが、普段シンプルな小物や子ども服をメインに作っている方だときっと、時間と手間への覚悟がやや必要になってくるかと思います。

とはいえそのぶん、仕上がりは「見た目良し・使い勝手良し」のお気に入りになることは間違いないのですけどね。

ファスナー類はパタレさんの専用セットがおすすめ

今回はリュックということで、チャックだけでなく肩紐やそれを通すDカン等細かな部品がいくつか必要になりますが、便利でおすすめなのはパタレさんで買えるこのパターン専用のファスナーセット。

このパターンで必要になる部品が必要分の長さにカットもされてまとまっているので、かなり便利です。

前ポケット用のファスナーにはパタレさんのロゴチャームもついていてかわいいですよ。

色は今回使ったベージュの他に黒が選べます。

難しかった工程

次に、ココは時間かけたー!という工程をご紹介。あくまでも、「小物づくりにまだまだ不慣れな私にとって」難しかったところであります。

  • 前ポケット(作成~本体への縫い合わせ)
  • マチの縫い合わせ
  • ファスナーの縫い合わせ

このあたりはちょっと間違うとわけのわからない状態になりそうで、図を見ながらかなり慎重~に進めました。

裏地がついて縫い目が隠れるという見た目重視の仕様になっているだけに、これらの工程がやたらと複雑になってくるのですな。

図はわかりやすくて丁寧な説明書きですが、感覚でさくさく進めるにはあと3つくらいは作らないといけない気がしますw

そんなこんなで苦労しながらの作成になりましたが、すっかり娘のお気に入りアイテムに仲間入りしてくれたこのリュック。

シンプルなナップサックもいいけれど、これ作ったの?と思ってもらえるようなパタレパターンの本格リュックもハンドメイド好きさんはぜひ挑戦してみてくださいね♪

ではまた次回!

スポンサーリンク







よろしければシェアお願いします

フォローする