小さくても優秀!あおりミニボストンバッグ作りました

こんにちは、あんずです。

本日は、かわいい布が買えるネットショップ、デコレクションズさんで発売されているオリジナルキットで、ミニボストンバッグを作ったのでご紹介します♪

スポンサーリンク




デコレクションズのあおりミニボストンバッグ

出来上がったのがこちら

サイズは幅約21cm×高さ14cm(持ち手含まず)×まち9cmくらいの小ぶりバッグ。

とはいえまちが9cmもあるので、ペットボトルやおしりふき、長財布も入る優れものです。また商品名にも「あおり」と入っているように両サイドに大きなポケットもついているので、小ぶりバッグながら収納力高し、です。

そのほかにおすすめポイントとしては、

  • 丸い取っ手のチャックがかわいい
  • 裏地付き&バイアステープ処理で裏の見た目がスッキリ
  • 表布・裏布・チャック・タグ・バイアステープのセットなので柄合わせ不要でセンス良く仕上がる

といったところです。

ちなみに選べる布の柄はたくさんあってしかもどれもかわいいので、きっと好みのものがみつかりますよ。

▲ちなみにこの布は「FORGET ME NOT-blue」セットです。

縫いにくかったポイント

では次に、小物にはまだまだ不慣れな私にとって縫いにくかったポイントをまとめると。。

まず、紙での説明がかなりわかりにくい笑

ポーチやバッグを作り慣れていれば問題なさそうですが、そうでなければきっと紙だけではハテナが浮かびます。。

ですが、そこに記載されているURLから見ることができる作成動画を見ながら作れば、困ることなく進められました。(とくに表地・裏地へのファスナーを付ける工程は動画を見た方が断然わかりやすいです)

工程の中で特に難関だったところは、

タブの仮止めと裏のバイアス処理。

ファスナーの端を開けすぎず小さなタブとファスナーの真ん中をずれないように縫いとめるのがあんなに大変だとは。。ミシンではどうしても中心がずれて納得いかず、最終的に手縫いで仮止めしました笑

裏のバイアステープでの処理については、手でまつってもステッチしても、という説明が動画でされていますが、丁寧に形を整えてからミシンステッチするのがベストじゃないかと思います。バイアス処理6か所も手でまつってたら結構時間かかりますからねぇ。。

ミシンのファスナー押さえは必須

そして忘れず用意したいアイテムが、ミシンのファスナー用押さえ

洋服作りにはほぼ登場しないファスナーですが、このキットも含め布小物にはつきものですよね。

普通の押さえではファスナーにひっかかって縫いたい場所からずれますが、ファスナー用の押さえを使えばさくさくここ!という場所を縫い進められるので、小物づくりには必須アイテムと言えそうです。

こういうやつです

ミシンにもともと付属していることも多いので、付属品を確認してみてくださいね。

そんなこんなで子ども服を作るよりもじっくり時間をかけて作ることになったミニボストン(笑)。やや手間がかかる分、出来上がりはとってもかわいい満足の仕上がりになりました。

このキルトの柄がお気に入りなので、キルトだけ購入して何か別のアイテムも作りたいな~と思っています。

作ったらまたご紹介しますね♪

ではまた次回!

スポンサーリンク







よろしければシェアお願いします

フォローする