かわいく機能的に!手作り絵本バッグ&上靴入れのおすすめポイント

こんにちは、あんずです。

入園・入学を控えたお子さんのママさん、絵本バッグや上靴入れは準備OKですか?

なんてことないバッグですが、その作り方を検索すると裏地の有無やポケットの有無、生地の違いなど種類がありすぎてどれがベストかな??と迷ったりしませんか?

そこで今回は、娘の入園に向けて作った絵本バッグ&上靴入れを例に、個人的なおすすめポイントとその理由をまとめます。

せっかく手作りするなら、見た目も好みで機能的なものにしたいですよね♪

スポンサーリンク




かわいく機能的に!手作り絵本バッグ&上靴入れのおすすめポイント

作ったのがこちら!

あまりデコデコしたものよりはシンプルが好きなのであっさりした見た目ですが、地味なこだわりポイントは多めです。笑

まずお気に入りに仕上げるために重要なのは、やっぱり生地です。

近所の手芸屋さんで安くなってるのでいいや~と思っている方、ちょっとまったぁぁぁー!(誰やねん
ぜひネットでいろいろと探してみてください。世の中にはこんなときめく生地があふれているのか!と驚くと思います。

ちにみに今回使ったうさぎキルトはデコレクションズさんで購入したものです。このおしゃれかわいい雰囲気が好きだ~
裏地と底布に使っているのはマルイシさんの水通し不要(!)のダンガリー生地です。これも扱いやすくてすてき~

というわけで、まぁ生地からこだわってみてもいいかという方は布好き人間がおすすめするネットショップをまとめた記事もぜひご参考に。
【まとめ】おしゃれかわいい生地が買えるネットショップ


では本題に戻り、どのあたりがおすすめポイントなのかとその理由をまとめます。

主なおすすめポイントとその理由

メインはキルト生地

メインに使う生地はキルト生地のほかにも厚めの生地であればいろいろ使えますが、やはりキルト生地が軽くて丈夫なので絵本や靴入れにはおすすめです。

もし使いたい生地が薄手だったり、小学校高学年以上などでキルトの見た目が子供っぽくて避けたいなら、裏地を無地のキルトにして表に薄手生地を持ってくるのもアリだと思います。

持ち手は市販のアクリルテープ

続いては持ち手について。
同じ生地を使って持ち手にすることもできますが、強度的にも手間を考えてもアクリルテープはやっぱり便利でおすすめです。
この時期は手芸店でもレインボー色やラメ入りなどかわいいものがたくさん並んでいるので、探してみてくださいね♪

ちなみにわかりづらいですが今回使っているテープもラメ入りです。さらにDカンもラメ入り。


底布あり

底布はまずデザインとしておすすめです。
柄物生地一種類だけではどうしてものっぺりした印象になることも?
ちょこっと無地生地を入れることで印象がぐっと変わるだけでなく、傷みやすい底部分が丈夫にもなりますよ。

裏地あり

裏地はつけると手間がかかりそうな印象ですが、表布(キルト)の端処理を省けるという大きなメリットが!

あとはやはり開いたときの見た目が全然違うので、安くなっているシンプル~な布でもいいのでありで作成することをおすすめします。

内ポケットあり(絵本バッグのみ)

ポケットについては、使用用途を考えてつけるかどうかお好みで。

今回は絵本だけでなく製作物も入れるとのことだったので、小さいものがごちゃつかないようにつけておきました。

マチあり

絵本バッグの方はとくにマチがないレシピも多いですが、出し入れのしやすさと物を入れた時の安定を考えるとある方がおすすめです。

個人的には4cmくらいが、主張しすぎず、かつぺタンとなっているより見た目もいい感じになる気がするのでおすすめです。

レースで装飾

これについては完全に好みの問題ですが、女の子用なら特に、好みのレースやリボンでお気に入り度UPさせちゃいましょう♪


といった感じです。

ちょっとめんどくさそうな仕様だなと思われそうですが、仕上がりは機能的にも見た目的にも大満足になると思いますよ♪

ただこれらの仕様にぴったりのレシピを探したのですが見当たらず、私も作成過程の写真も撮っておらずですみません・・汗

裏地つき・マチ付きのレシピであれば作り方としてはそのままなので、あとは好みのマチのサイズに変えたり切り替えや飾りをつけたりと簡単なアレンジだけなので作りやすいかと思います♪

では、作成時のもう少し細かいポイントも書いておきます。

その他のこだわりポイント

底布のダンガリー生地には接着芯

まず、底布に使っているダンガリー生地には接着芯を貼っています。

底布と言ってもキルト生地から切り替えているわけではなく、うさぎキルトの上に縫い付けている状態です。

接着芯を貼ることにより、うさぎキルトの柄が透けて見えてしまうのを防ぐだけでなく、強度アップになったり仕上がりにハリが出てくれます。
接着芯は100円ショップでも手に入るので、ぜひ試してみてください。

お花レースは仮止めのりですいすい

なんかアクセントが欲しいな~と思い縫い付けてみたお花レース。
もっとフリフリのレースなら切り替え部分に縫い込んでしまえるのですが、個人的にこれくらいのレースが好みでして。

ただ縫い始めて気づいたのですが、ずれるずれる!

待ち針で留めようにもそれだけでずれてしまうので、こういった切り替え部分などに縫い込まないタイプのレースを使いたい方は布用仮止めのりでとめてから縫い付けるのがおすすめです。


布用なので針通りが悪くなることもなく、あっという間にまっすぐ縫い付けることができました。感謝~~



いかがでしょうか。
一言で絵本バッグや上靴入れといっても、その仕様は様々。

せっかく手作りするなら、お友達に自慢したくなるようなかわいさで使い勝手もばっちりのお気に入りにしてくださいね♪


ではまた次回!

スポンサーリンク







よろしければシェアお願いします

フォローする