ミシンで下糸がうまく巻けない!の原因はコレでした

こんにちは、あんずです。

ミシンを使いはじめたころ、下糸を巻くのにしばらく苦労していました。

  • 糸がゆるゆる・ぐちゃぐちゃになる
  • ボビンからはみ出して軸に巻きつく

などなど、、

そこで本日は、ちょっとしたことに気を付ければあっさり解消した下糸巻き問題の話をご紹介します。

スポンサーリンク




ミシンで下糸がうまく巻けない!の原因はコレでした

説明書を見ながら試しているのにゆるゆる・ぐちゃぐちゃ・・・最後にはボビンをセットしている銀色の軸に糸が巻かれ始め・・・

早く縫い始めたいのに下糸巻き作業で無駄な時間がかかるのってかなりイライラしますよね。糸ももったいないし。

なんできれいに巻けないの!?

ミシンかボビンか何かが不良品なの?!

とかなり身勝手にイライラしていた私。笑

同じような症状でお困りのアナタに注目してほしいのが、ココです。

▼▼▼

この青い丸部分の、ねじのような見た目をした「下糸巻ポッチ」です。今名づけました。説明書には「糸案内台」とあります。

説明書にもミシン本体にも、下糸を巻くときにはここに糸を引っ掛けてくださいね~と描かれていますが、

重要なのは引っ掛け方。

とりあえず引っ掛かっている、ではNGで、

ポッチとポッチの下にある平べったい銀色の部品の隙間に糸をぐっと押し込んで引っ掛けることが重要でした。

こんな感じです。

こう見れば違いが良くわかりますが、ぐっとしっかりひっかけることで糸が張ります。

この張りがあることで、ボビンへ糸が送られる際にゆるんだりずれることなく綺麗に巻かれてくれるというわけなのですね。

気付いたときにはあまりにシンプルなことだったので拍子抜けでしたが、私の場合はたったこれだけで下糸巻き作業を失敗することがなくなりました。

そのほかに気を付けることは、

  • ボビンの溝とボビンを差し込む軸のばねの位置を合わせること
  • メインの糸を設置する際にしっかり糸こま押さえをすること

あたりなので、下糸巻ポッチへの引っ掛け方を正してもうまくいかない場合はこちらも試してみてくださいね。

みなさんも、ストレスフリーで下糸巻きをしてさくっと縫製にとりかかってくださいね♪

ではまた次回!

スポンサーリンク







よろしければシェアお願いします

フォローする