迷ったらこれ!初心者におすすめの子ども服ハンドメイド本

こんにちは、あんずです。

娘が生まれるのをきっかけに布ものハンドメイドにドはまりした私ですが、最初はどんな本を参考にすればいいのかとても迷いました。

ソーイングについてよくわからないままいろんなタイプの本を集めてきた結果、

結局知りたい情報が凝縮しているオトクな子ども服ソーイング本はコレだ!と思った一冊をご紹介します。

スポンサーリンク




迷ったらこれ!おすすめ子供服ハンドメイド本

その本がコチラ

口コミがばらけがちなハンドメイド本の中でも、常に高い評価を受けているこの本。

型紙&作り方を専門で販売しておられる大人気ショップパターンレーベル(通称パタレ)の片貝夕起さんという型紙作家さんの作品が載っています。

オススメポイント

オーソドックスなパターンばかりなので長く使える

発売は2012年ですが、オーソドックスなパターンばかりなので古さは全く感じられず、子どもが大きくなっても130cmサイズまでずっと使えそうな服ばかりです。

子どもの服の趣味も変わっていく中で、本当に気に入って長く着てくれる服を手作りできたらうれしいですよね。

ソーイングの基本が一通り学べる

また、「レッスンブック」と名前がついている通り説明もわかりやすく、これ一冊でソーイングの基本の縫い方が一通り学べるようになっています

ほかの本でなんだそりゃとなる前に、教科書のつもりでこの本で試しておくのもアリだと思います。

ほとんどの作品がカラー写真で説明されている

また、ほとんどの作品がカラー写真で説明されているのも魅力。(似た作品があるものなどいくつかはカラー写真は省略されていますが、わかりやすい図で説明されています)

たいていの本は、カラー写真で説明されているのは1~2作品程度。ここまで写真が多い本は珍しいと思います。

パターンが多い

この本を手に取った時に驚くのは、型紙の分厚さです笑

紹介されている作品数は子供服27点+小物2点。1冊でこれだけ作れると思うととってもお得ですよね。

また、リネンやリバティ生地など伸びない布でつくる服だけではなく、ニット生地で作る服もトップスやボトムス、カーディガンなど7点ほど掲載されているのもうれしいポイントです。

ご参考に・・実際にこの本から作ってみたものはこちらからどうぞ♪

⇒フリルブラウス

⇒フリルスモック

注意点

注意点としては、型紙のサイズが100cmからであること。2歳頃までのお子さん用にはちょっと大きい場合が多いので注意です。

基本情報

発売年:2012年

サイズ展開:100・110・120・130

内容:スカート3点/パンツ5点/スモック・キャミ6点/ワンピース1点/シャツ4点/コート1点/ニット作品(長袖T・半袖T・ワンピース・パンツ・トレーナー・カーディガン)7点/小物2点

作家名:片貝夕起

以上が、どれにすればいいか悩むならこれ!と思うおすすめの一冊のご紹介でした。

次に、そのほかのおすすめ本を2点ご紹介します。

その他のおすすめ本

おしゃれでかわいい女の子の服

オススメポイント

本の雰囲気が上品かつおしゃれで、生地選びや重ね着のコーディネートを見るだけでも参考になりそうな一冊

作品の半数近くがギャザーたっぷりのふりふり仕様なので、おでかけ着にぴったりな一着が作れます。

1つの型紙で素材を変えたりアレンジを加えることで、一年通して作れるものが紹介されている他、コートやカーディガンまで載っているのもうれしいポイントです。

こちらの本から作ってみたキャミソールはこちらから♪

⇒レースつきキャミソール

注意点

注意点としては、とにかくギャザーがたっぷりなのでギャザー寄せめんどくさい派の人にはあまりおすすめしません笑

また、1つの型紙で袖を変えたり裾を変えたりというアレンジで複数作品を作るので、型紙これだけ??とちょっと物足りなく思う方もいるかも。

カラー写真での説明も1作品だけと、初心者には少し不安が残るかもしれません。

普段着から一歩抜けてお嬢さん風のお出かけ着もつくってみたいなという方はぜひ手に取ってみてください。

かんたんすっきりおんなの子おとこの子服

オススメポイント

こちらはパタレさん同様、型紙のネットショップをしておられるポルカドロップスさんが出されている本です。

タイトルの通り「かんたん」で「すっきり」した見た目の服が多く、最近よくあるだぼっとしたふんわり系のシルエットはあんまりすきじゃないなーというママにもおすすめです。

複雑な工程はないのに、お出かけ服にもなりそうな上品な雰囲気に仕上がる作品が多いのもおすすめポイントです。

サイズ展開は90~130cmです。

こちらの本から作ってみたパンツはこちらから♪

⇒おでかけパンツ

注意点

注意点としては、ほとんどの作品が図だけで説明されている点です。

複雑な工程がない分、図でも十分わかりやすいですが、ハンドメイドが初めてでカラー写真があったほうが安心だな~という方はご注意を。

以上がプラスのオススメ本です。

ハンドメイドブームの中で子ども服ソーイングの本もどんどん増えていて、

他にも全体的にゆるっとしたナチュラル系の雰囲気の本、ママとお揃い服が作れる本など、作りたいものや好みの雰囲気に合わせてたくさんの種類から選ぶことができます。

作りやすくて勉強になって、子どもにも気に入ってもらえる一着が作れるといいですね!

ではまた次回!

スポンサーリンク







よろしければシェアお願いします

フォローする