『パタレ子供服ソーイングLESSON BOOK_フリルスモック』作りました

こんにちは、あんずです。

本日は、パターンレーベルさんの人気の本『子供服ソーイングLESSON BOOK』よりフリルスモックのご紹介です。

スポンサーリンク




『パタレ子供服ソーイングLESSON BOOK_フリルスモック』作りました

できたのがこちら。

襟と袖がゴムでくしゅっとなっているお手軽仕様。

スモックというと幼稚園児が着るイメージですが、夏の普段着に使えそうな一着になりました。

使った生地

使った生地は、先日作ったフリルブラウスと同様、naniiroさんのダブルガーゼです。

※フリルブラウスの記事はこちら⇒「パタレ子供服ソーイングLESSON BOOK_フリルブラウス」作りました

シリーズ名はSpectacle。

お花畑のような森のような、何とも言えないnaniiroさんらしいふんわりした雰囲気のかわいい生地ですよね。

裁断場所によって同じ生地を使っても服のイメージがガラッと変わりそうなのも面白いところ。裁断時にどこに色のアクセントを持ってきたいかを考えつつ型紙を配置するのがポイントになりそうです。

▼前身頃

▼後ろ身頃

こちらもダブルガーゼということで、前回のフリルチュニックで仕様した生地と同様透け感と強度がやや気になるのでボトムスにはNGかなと思いますが、今回のような夏用トップスには向いた生地だと思います。

本の中でも、このスモックに関しては薄手の生地で作成することがおすすめされているのでダブルガーゼが手元にあるけど何に使おうかしらと悩んでいる方は候補にしてみてください。

実際作ってみて、薄手じゃないと襟部分のフリルがもこもことしすぎてしまってかわいさが半減するのかもと思いました。

縫いにくかったポイント

ギャザーをゴムで寄せるので、基本的にはとってもお手軽&短時間で作れます。

一つ時間のかかる個所を挙げるなら、襟につけるフリルの処理です。

フリルの裾を三巻縫製することと、身頃に縫いつける際に身頃の布が前から見えてしまわないように「少し控えて」縫うので、ややゆっくりめ&丁寧に進める必要がありました。

スモックなのでお出かけ着というよりは普段着寄りのイメージに仕上がりましたが、動きやすそうで娘もすでに気に入ってくれています♪

トップスが続いたので、次はそろそろボトムスでもつくろうかしら~と思っています。

また作成したらご紹介します。

ではまた次回!

スポンサーリンク







よろしければシェアお願いします

フォローする