『milimiliパターン_パフプルオーバー』作りました

こんにちは、あんずです。

まだまだ暑いとはいえ、まもなく夏が終わりますね~

ということで、本日は秋じたくとして作った娘服、パフプルオーバーをご紹介します。パターンはmilimiliさんのものを使いました。

生地とパターンのおかげで、とっても着心地が良さそうな一着になりました♪

スポンサーリンク




『milimiliパターン_パフプルオーバー』作りました

作ったのがこちら!

リバーシブルで使えるジャガードニットで、どちらの色もとてもかわいかったのでどっちも使おう!ということでちょっと変わった配色にしてみました。

▼前面

▼背面

何とも言えないオセロ感がかわいい仕上がりになりました笑

横からみるとこんな感じ。

milimiliさんのパターンはとてもさらっとした説明なので、初めて服を作ります!という方にはあまりおすすめできませんが、もう何着か作って大体の工程は理解してるわという方にはおすすめ。(例えば布端のジグザグ処理などは省略されて書かれています)

シンプルな工程ながら、他のパターンショップでは意外と見つけられないかわいいシルエットの服も多いです。

ショップのオープン時期は限られていますが、インスタでオープン時期をお知らせしておられるので、フォローしてぜひチェックしてみてくださいね。

今回のパフプルオーバーも、シンプルだけどかわいいありそうでないシルエットのパターンということと、袖が半袖・6分丈・長袖の3パターン作成できるので年中使えることもおすすめポイントです。(今回は6分丈で作っています。)

使った生地

実はこの服、とってもふんわりしていて触るだけで着心地の良さがわかります。

ふわんとしたパフプルオーバーのシルエットもその要因ですが、なんといっても生地がすてき。

「リバーシブルジャガードニット」で有名なmaffonさんの生地ですが、ジャガードニットのイメージが変わるほどの柔らかさなのです。

布端を見るとこんな感じ。

天竺生地をガーゼのように2枚重ねて作ってらっしゃるそうです。

国産で、綿100%なのもすてき。ちなみにとってもふんわりしてかつ細かな柄の生地を作れるのは、珍しい織り機によるものだそうですよ。

また、柄はおすましうさぎというシリーズで、今回の黒白リバーシブルの他にもいくつか色の種類があります。(売り切れている場合も多いので注意)

大きめのややリアルなウサギ顔がなんとも好みで衝動ポチしてからしばらく眠らせていましたが、ようやく活躍です。

他にも子ども服に仕立てたくなるかわいい柄のジャガードニットがたくさんなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

難しかったところ

とてもシンプルなパーツと工程なので今回はとくに難しかったところはありませんが、しいて言うなら袖口などのリブ付け作業。

本体の生地は伸ばさないようにしつつ、リブ生地だけぐぐっと伸ばしながら縫うのはけっこう集中力が要ります。

ただ、一番細かく縫いにくい袖口は事前にタックを作って仮縫いしておく工程があるのでうまくいきやすいなと感じました。

あとはニットなので、マチ針ではなく布用クリップで細かめに留めながら進めるのもポイントだと思います。

季節の変わり目は、ハンドメイドも次の季節用に何作ろう♪とワクワクする時期ですよね。

また秋冬グッズが仕上がったらご紹介します♪

ではまた次回!

▼▼こちらも生地もご参考に▼▼

⇒家庭用ミシンでニットを縫うための準備

⇒【まとめ】おしゃれなニット生地が帰るネットショップ

スポンサーリンク







よろしければシェアお願いします

フォローする