ついついヘビロテ!子連れで行きたいおすすめ外食チェーン店

こんにちは、あんずです。

先日3歳の誕生日を迎えた娘ですが、まだまだ外食する際には店を選ばなければならない年頃。

  • 子連れで入りやすいかな?
  • カウンターばかりではないかな?
  • 子どもが食べるメニューはあるかな?

などなど、子連れでの外食となるといろいろ気を遣いますよね。

いわゆる「ファミレス」と呼ばれる子連れで気軽に行けるチェーン店はたくさんありますが、

はっきり言っておいしくない上に店内に清潔感があまりなかったりするのが気になる。。

というママさんも少なくないのでは。ええ私がそうです

そこで本日は、子連れで気を使わずかつおいしさや清潔感についても問題なしのおすすめチェーン店(全国展開)をご紹介します。

○ストや○イゼリヤは子連れウェルカムでも行く気にならない。。と悩むママさんはぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク




子連れで行きたいおすすめ外食チェーン店

和食さと

まずは、我が家の一番のヘビロテ店「和食さと」です。

「さとしゃぶ」という食べ放題のしゃぶしゃぶが有名なチェーン店ですが、それ以外にも丼や麺類と言った和食メニューが豊富にそろっていて、大人も「おいしい」と思えるものが多いです。

ここの主なオススメポイントは、

  • 子どもメニューに丼や麺の内容を選べるセットがある
  • 数店舗行ってみたがどこも清潔感がある
  • 全席禁煙(喫煙所は外にある)

といったところ。

食べむらのあるうちの子にとって、麺や丼の種類が選べるセットはいつも重宝しています。他にも自分でネタとシャリを合わせて食べるお寿司のセットなどもあり、小さな子どもから生ものを食べられるくらいの少しお姉さんお兄さんまで楽しめます。

よくある「おもちゃ」はついていませんが、逆に無駄なコストがかからず低価格に設定されている気がして好印象です笑

また、全席禁煙というのも子連れにはうれしいポイントですよね。

丸源(まるげん)ラーメン

続いては、子育て世帯には縁遠くなりがちなラーメン屋さん。

お客さんの回転重視で子どもとは入りにくかったり、カウンター席がほとんどで子どもは座れないようなお店が多いラーメン屋さんは、子連れ家族にはハードル高めですよね。

そんな中でも珍しく子連れウェルカム感を押し出しているのが「丸源ラーメン」です。

ここの主なオススメポイントは、

  • ラーメン屋としては貴重な子連れウェルカム感
  • ラーメン好きな親も納得のおいしい肉そば(醤油ラーメン)

といったところ。

子連れウェルカム感を感じる要因としては、

  • キッズメニューがある(おもちゃつき)
  • 料理を待つ間に子どもに塗り絵が提供される
  • 塗り絵を提出するとミニアイス等がもらえる
  • ヌードルカッター等子ども食事アイテムの貸し出しがある
  • 座敷席は基本子連れファミリーで埋まっている(座敷用の子どもイスもあり)

などなど。

ここまでしてくれるなら「子連れでなんかすみません。。」とはならずに済みますよね。

あとはもちろん好みにもよりますが、名物の肉そば(醤油ラーメン)はおいしいことと、他にも味噌や塩、ちゃんぽん、季節の麺など親も飽きないようなメニュー展開があるのもうれしいポイントです。

ちなみに店舗によっては全席禁煙にしているお店もあるようなので、お近くの店舗がどうかもチェックしてみてくださいね。

ロイヤルホスト

ファミレスの頂点と言えばここかと思いますが笑、どの店舗でも安定して快適に過ごせるのはロイヤルホストです。

おすすめポイントは、

  • 子ども用アイテムはしっかり揃っている
  • ファミレスなのに落ち着いて食べられる
  • おいしいメニューが多い
  • 全店舗全席禁煙

といったところ。

○ストや○イゼリヤと比べると価格は倍かそれ以上になりますが、ファミレスらしく子ども用のアイテムはしっかり揃っていながら親もまったりできる雰囲気があり、値段相応にちゃんとおいしいメニューが多いのが特徴。

このお皿全部レンジでチンしてきたものを盛り付けただけだな・・なんていうことありません。

場所によっては家族連れよりビジネスマンが多かったりする店舗もありそうですが、あくまでもファミレスのカテゴリではあるので肩身の狭い思いなどせず堂々と子連れで訪れられます。

意外だったのが、全店舗全席禁煙になっていること。昔は分煙でビジネスマンの大人グループが喫煙席でたばこを吸っているイメージでしたが、2013年に完全禁煙になったようでこれもまたうれしいポイントです。

いかがでしょうか。

すでにヘビロテしてるよ!という店舗がある方も多いかもしれませんが、外食にお悩みのママパパさんはぜひ近くの店舗を探してみてくださいね。

ではまた次回!

スポンサーリンク







よろしければシェアお願いします

フォローする