【2020最新】関西のアイススケートリンク一覧

子連れでおでかけ
子連れでおでかけ ちょっと気になるまめ情報

こんにちは、あんずです。

この記事では、関西にあるスケートリンクをまとめてご紹介しています。

スケートリンクには大きく分けて2種類あり、

  • 1年を通して営業している通年タイプ
  • 冬季のみ期間限定で営業している冬季限定タイプ

と、それぞれ営業時期が大きく異なります。

冬季と言ってもかなり幅があるので、お近くのリンクの期間をぜひチェックしてみてくださいね。

では、それぞれご紹介。

スポンサーリンク

関西のアイススケートリンク一覧

通年タイプ

関西に1年中やってるアイススケートリンクなんてあるの?という声をよく聞くので、あるんです!ということをここに主張しておきたいと思います。

【大阪・難波】明治スポーツプラザ 浪速アイススケート場

関西の通年スケートリンクで最も都会に君臨していると言えるのがこちらです。なんばパークスからすぐの場所なので、友達同士で遊ぶついでやデートで訪れるにも便利です。

【大阪府・高師浜】大阪府立臨海スポーツセンター アイススケート場

関西では比較的よく知られている歴史のあるスケートリンクです。最寄駅は南海の高師浜駅というとても小さな駅ではありますが、駅徒歩5分くらいの場所にあるのがうれしいところ。

New!【大阪・泉佐野】関空アイスアリーナ

2019年12月オープンの新しいスケートリンクです。
名前の通り関西国際空港のすぐそばに位置し、りんくうプレミアムアウトレットもすぐそばにあります。JRのりんくうタウン駅から徒歩5分というアクセスの良さなので、車がなくても遊びに行けますね。

【兵庫・西宮】ひょうご西宮アイスアリーナ

2013年8月オープンの比較的新しい、兵庫県では唯一の通年タイプのリンクです。駅からやや遠いのでバス移動が必要ですが、車で行けば1回500円で駐車できるので、可能なら車でいくのがおすすめ。

New!【京都・宇治】木下アカデミー京都アイスアリーナ

関空アイスアリーナとほぼ同時期の、2019年12月にできたばかりのスケートリンクです。通年リンクとしては京都唯一なので、京都付近の方にとってはいつでも遊びに行ける貴重なリンクですね。スケート教室にも力を入れているようなので、一度HPをのぞいてみてくださいね。

冬季限定タイプ

続いて冬季限定タイプ。こちらは関西中に幅広く点在しているので、お出かけしやすい場所がきっと見つかるはず。営業期間がそれぞれ違うので、しっかりチェックしてみてくださいね。

【大阪・尼崎】尼崎スポーツの森 アイススケート場

夏場のプールも大人気の尼崎スポーツの森ですが、冬場のスケート場もよく賑わっています。駅からのシャトルバスがあったり、車で行けば駐車料金なしだったりと交通面も◎のオススメスケート場です。

【大阪・朝潮橋】丸善インテック大阪プール アイススケート場

大阪プールという名のアイススケート場です。天保山にも近く、電車か車での多少の移動は必要ですが海遊館とセットで楽しむこともできる場所にあります。

【大阪・門真南】東和薬品RACTABドーム アイススケート場

こちらも大阪プール同様、梅田あたりからでも気軽に行ける距離です。三井アウトレットパーク大阪鶴見にも歩いて行けますよ

【大阪・玉造】真田山プール アイススケート場

大阪市内唯一の、屋外スケートリンクです。街の中にありながら、知らないひとも多い穴場スポットです。

【兵庫・ポートアイランド】神戸市立ポートアイランドスポーツセンター

神戸三宮から数駅で行けるポートアイランドにあるスケートリンクです。IKEAや神戸どうぶつ王国とセットで楽しむのもおすすめです。

【兵庫・丹波】ピュアスポーツ柏原 屋内スケートリンク

冬季はアイススケートリンク、夏季はインラインスケートリンクになるめずらしいスケートリンクです。山々にかこまれた自然の中のリンクです。

【兵庫・豊岡】兵庫県立円山川公苑 屋外アイススケートリンク

県立公園の中に設置される屋外アイススケートリンクです。公園には美術館があったりカヌーやプールが楽しめたりと、スケートプラスの目的も作れそうな場所にあります。

【滋賀・瀬田】滋賀県立アイスアリーナ

こちらはほぼ通年営業しているリンクですが、夏場には貸切営業専用の期間を設けていたり整備のため一般滑走できない期間が数か月ありますので、そちらをよくチェックしてみてくださいね。

【京都・西京極】京都アクアリーナ

阪急京都線の西京極駅から徒歩5分程度とアクセスしやすいスケートリンクです。公園やプールとの複合施設なので、家族でも一日しっかりすごせそうです。

遊園地附属タイプ

こちらも冬季限定のリンクですが、遊園地内に毎冬登場する人気のスケートリンクです。

【大阪・枚方】ひらかたパーク ウインターカーニバルスケートリンク

CMでもおなじみのひらぱーの、毎冬開催されるスケートリンクです。スケートだけでなく雪遊びができるゾーンがあったりと、子連れならとくに行ってみたくなるスポットです。

【兵庫・姫路】姫路セントラルパーク アイスパーク

こちらも毎冬設置される遊園地内のスケートリンクです。こちらは屋内リンクなので天候の心配もありません。サファリも遊園地もスケートも楽しめるなんて、子どもの大満足もまちがいなしですね。

以上、ずらっと関西のスケートリンクをまとめてご紹介しました。

スキーやスノボと比べると荷物も少なく、思い立ったらすぐにでも楽しめるスポーツなので、ぜひ遊びに行ってみてくださいね。

ではまた次回!

⇓よければこんな記事もどうぞ♪

アイススケートに行くなら要確認!必須の持ち物3つと服装

【小さな子どもの初めてスケート!注意点と教え方】

コメント

タイトルとURLをコピーしました