2021年度チャレンジタッチ1年生*メインレッスン・実力アップレッスンとは?計算&漢字アプリも配信されました

知育・教育
知育・教育
あんず
あんず

こんにちは、あんずです

2021年度のチャレンジタッチ1年生がついに始まり、娘もさっそく取り組み始めています。

年少の4月から1学年先取りでこどもちゃれんじ(幼児用)の思考力特化コースをスタートし、新年長となった現在そのままチャレンジ小学講座へ移った形です。

数ある通信教材の中で我が家がチャレンジを継続する決め手となったChallengeEnglishについては別途紹介しているので、

▽ChallengeEnglishスタートに関する記事はこちら

本日はその他の「メインレッスン」「じつ力アップレッスン」「アプリ」についてまとめたいと思います。

スポンサーリンク

チャレンジタッチ1年生のレッスン・アプリ

レッスンのボリュームと種類

チャレンジタッチ1年生は、「メインレッスン」として国語・算数それぞれ14レッスン用意されています。

13レッスン目は「きみせんよう まとめもんだい」、14レッスン目は赤ペン先生へ提出する課題です。

▽さんすうのメインレッスン画面

 

そして、メインレッスン終了後に取り組むレッスンとして「じつ力アップレッスン」が用意されています。

▽こんな感じでタブで分かれています。

その中には「もっと!えんしゅう」問題と「もっと!おうよう・しこうりょく」問題がそれぞれ7レッスンずつ用意されています。

「もっと!えんしゅう」はメインレッスンと同じレベルの問題をさらに解いていくもの、

「もっと!おうよう・しこうりょく」は名前の通りメインレッスンより一歩難易度が高い応用問題と思考力を問われる問題を解くものです。

これらのレッスン数をまとめると、

  • 【さんすう】メインレッスン14+えんしゅう7+おうよう・しこうりょく7
  • 【こくご】メインレッスン14+えんしゅう7+おうよう・しこうりょく7

 

= MAX56レッスン

が、毎月取り組める内容になります。

(※後述しますが、4月1日に配信された「こくごさんすうおかわりドリル」というアプリも別途あります。)

思考力特化コースでも毎月60問以上ありましたが、1レッスンの中に説明+3~5問程度の問題があるのでかかる時間はこれまでより長くなります。

 

基本はメインレッスンの国・算それぞれ14レッスン計28レッスンをやりきることが毎月の目標のようで、そこまでやりきるとクイズやゲームなどの「ごほうびアプリ」で遊べるようになります。

 

その後も「実力アップレッスン」に取り組めば「おたのしみランド」にて1日1回ゲームに取り組むことができるようになっていたりと、

メインの28レッスン完了後もレッスンに参加したくなる工夫がされています。

スイッチなどのハイクオリティゲームに慣れている子にとってはタッチのゲームができるからレッスンやろう♪となるかは疑問ですが笑、ベネッセさんの子供をやる気にさせたい努力を感じます。

ありがたいです。

ちなみに話。*思考力特化コースに近い問題も継続したいなら*

毎月国・算それぞれに「しこうりょく」問題が各2問ほどありますが、もう少ししっかり思考力特化コースで触れて来たような問題も継続したいので、我が家はこのドリルを取り入れることにしました。

初級・中級・上級の3種類ありますが、上級の難易度は思考力特化コースの次段階に相応しいほどの難しさで、例えば「お話の聞き取り」に関してはぐんぐんワークの文章の3倍以上ありそうな長さのお話を聞きとる必要があります。

ぐんぐんで取り組んできたものと同じような問題も多いですが、なかなかハードな目標時間設定もあるのでやりがいがあります。

また理科的知識・季節の問題など思考力特化コースではほぼカバーしきれていなかった問題もあり、バランスよく学べるおすすめドリルです。ちなみに中級なら思考力特化コース(年長用)よりやや易しいレベルです。

確認から進めたければ中級からもアリですね。

どんなペースで取り組む?

では、そんなチャレンジタッチ1年生のレッスンはどんなペースで取りくむとスムーズに毎月分をこなせるのでしょうか。

結論から言うと、

コラショ(キャラクター)の案内に合わせて1日4レッスン取り組めば、

全56レッスン÷4レッスン=14日でその月のMAX分が終わります。

1日4レッスンで、土日含めて2日に1回取り組めば1か月ちょうどくらい、

平日月~金で取り組めば月の最終週には全て完了している量ですね。

 

「コラショの案内」というのは、パッドを開くと初日から「今日は4レッスンがんばろう!」との案内があり(設定した覚えがないのでデフォルトだと思います)、1レッスン毎にスタンプのような形でカウントされます。

4レッスンが終わると目標達成の画面が表示されてめちゃくちゃほめられます。

この案内の通りにレッスンしていくと、その月分が余裕で終わるようになっているのですね。もし4レッスンが厳しい日が続くようであれば、AIが判断してもう少し無理のない目標になるのかもしれません。

 

また、「きょうしつ」に入ると毎回おすすめレッスンが大きく表示されます。(それ以外のレッスンももちろん選択できます。)

メインレッスン終了後は「じつ力アップレッスン」に移りますが、「えんしゅう問題」「おうよう・しこうりょく問題」をそれぞれおすすめに表示させるかを事前に選択しておくこともできます。(チャレンジタッチおうえんネットからログインして親が登録します。)

例えば「演習はもういいから応用に移らせたいな」という場合や、「応用は厳しそうだから演習だけやらせたい」という場合など、臨機応変に変えられるのは地味に嬉しいポイントですね。

 

そんなこんなで、我が家はまずはコラショの案内通り1日に国・算合わせて4レッスンを目標に取り組むことになりました。

間違えた問題は解きなおしボックスに入るので、平日月~金で取り組んで最終週にはときなおしも含めて終わらせるというのがすっきりしそうです。

 

4月号のさんすうは10までの数・こくごはひらがながメイン

4月号ではさんすうは10までの数・こくごはひらがながメインです。

2年間思考力特化コースに取り組んできた娘にとってはタブレット学習になった上問題のジャンルもかなり変わったので雰囲気がつかみにくそうにも見えますが、まだまだ内容は易しいので淡々とこなしています。

こくごに関してはひらがなのかたち・とめ・はねなどわりと厳しめにチェックしてくれる機能もあるので、いい基礎固めになっているのではないかという印象です。

さんすうに関しては娘が好きな分野なこともあり少なくとも今やっているメインレッスンは「簡単すぎる」らしいです。(まだ今月は1~10だからね。。。)

正解してもしなくても再生されるキャラクターの丁寧な説明に飽きて「次へ」ボタンを連打しているのが見えます笑

せっかち笑

とくに外部でこれまで数の強化をしてこなかった娘でもこうなので、公文式やそろばんですでに数に強いお子さんなら正直1年生のさんすう数か月はこなすだけでもかなりつまらないレベルに感じてしまうのではないかな?という印象です。

メインレッスンに関しては教科書準拠なので仕方ないのですがね。

しかし!後述しますが4月1日に配信された「計算まるごとアプリ」では学年を越えた計算問題にどんどん挑戦していけるようなので、計算に関してはこちらも重視して進めていこうと思います。

 

使い方ガイドにもアプリは一例しか載っていないので、これは嬉しいサプライズでした。

「基礎だけは固めておきたい」という需要~「学年を越えて学びたい!」という需要まできっちり抑えてきますねぇベネッセさん。

 

アプリについて

そんな魅力的なアプリについて、他にはどんなものが配信されたかをご紹介します。

3月25日(スタート日)時点で使えたアプリ

  • おんどくばっちりよむよむスタジオ
  • ひらがな・カタカナかきかたせんせい

4月1日に配信されたアプリ

  • 小学生計算まるごとアプリ(学年を越えた範囲まで学べる)
  • 小学生漢字まるごとアプリ(学年を越えた範囲まで学べる)
  • ふってつくろう!ことばパズル
  • コラショとえいごでおしゃべりタウン
  • こくごさんすうおかわりドリル

と言った感じです。

3月25日に使えたアプリは、チャレンジパッドのプレモードの時から使えたアプリがそのまま継続されています。

▽ちなみにプレモードはこんな感じでした

計算や漢字は飽き性の娘にとって同じようなプリント学習に飽き飽きしてくる分野なので、少しずつゲーム感覚で楽しんでくれたらなぁと親の私がワクワクしています。

そして「こくごさんすうおかわりドリル」なるアプリも配信されているので、先述のMAX56レッスンでもまだまだ解き足りないわ!という子へのとどめアプリというところでしょうか。すごいですね~

チャレンジタッチ1年生まとめ

では最後に、チャレンジタッチ1年生についての基本情報をまとめます。

基本情報
  • 毎月メインレッスン計28(目標)+演習・応用レッスン28でMAX56レッスン
  • コラショ(キャラクター)がレッスン数やおすすめレッスンをリードしてくれる
  • まずは1日4レッスンするよう案内される
  • メインレッスンは教科書に準じたカリキュラムが組まれている
  • 易しい問題でも基礎固めになる問題も多い
  • 計算・漢字アプリは学年を越えたレベルまで好きなタイミングで学べる
  • 思考力系問題は少ない

いかがでしょうか。

ChallengeEnglishを主目的ではじめたチャレンジタッチでしたが、工夫されたレッスンやアプリで思った以上のお得感があります。(ChallengeEnglishを開いた時点でもう相当なお得感はありましたが)

娘のやる気を損なわないよう、かつ年長という貴重な一年を最大限活かせるよう見守りつつ取り組んで行こうと思います。

また進捗状況や有益な情報などまとめていきます。

みなさんも、ぜひアイデアと工夫満載のチャレンジタッチをチェックしてみてくださいね♪

ではまた次回!

 

▽こちらもご参考に*

コメント

タイトルとURLをコピーしました