知らずに行くのはもったいない!幼児連れディズニーランドはこう遊ぼう

こんにちは、あんずです。

前回、子連れで東京ディズニーリゾートへ遊びに行く際の準備についてまとめましたが、

今回はディズニーランドにく当日にはこうするのがおすすめ!というポイントをまとめたいと思います。

小さなお子さんとのインパークをひかえたママパパさん、ぜひ前回の記事と併せてご覧ください♪

スポンサーリンク




知らずにいくのはもったいない!幼児連れディズニーランドはこう遊ぼう

初めてならfirstvisitシールをもらおう!

まずは、firstvisitシールについて。

名前の通り、初めてパークに来たことを示すシールです。各アトラクション付近にいるキャストさんに言えば、名前と日付入りでもらうことができます。

服の見えやすい場所に貼っておけば、それを見たキャストさんたちが「○○ちゃん、ファーストビジットおめでとう!」とあちこちで声をかけてくれました。

他にもバースデーの日にもらえるバースデーシールもあるので、お誕生日で訪れる方はそちらをお忘れなく♪

ちなみに書いてもらうときには、できるだけ忙しくなさそうなキャストさんにお願いした方が写真のようにかわいくしっかりしたものを書いてもらいやすいかもしれません。

朝たくさんのゲストが殺到しているアトラクションに並びながらお願いしている人を見ましたが、ゲスト誘導に忙しそうなキャストさんは迷惑そうな様子を隠せず殴り書きに近いものを渡していましたから笑。

朝イチで並ぶべきはコレだ!

次に、ぜひ朝イチで並んでほしいアトラクションのご紹介です。

それはずばり、「ミッキーの家とミートミッキー」

いわゆるグリーティング(キャラクターと触れ合える)のアトラクションで、「映画撮影中のミッキーと写真が撮れる」というものです。

なぜこれを朝イチで並ぶべきかというと、めちゃめちゃ人気なのにファストパスがない上に、一日中混んでいるからです。

我々が訪れたのは平日で、朝は他のアトラクションが15分や20分待ち程度と比較的すいていましたが、ミートミッキーだけは開園後1時間程度で一気に70分待ちまで伸びたりと、ホントに大人気でした。

せっかくディズニーランドに行くならミッキーと家族写真が撮りたい!と思うママパパさんは、ぜひぜひ朝イチでトゥーンタウンのミッキーの家に向かってくださいね。

ついでに言うとミートミッキーに並びに行く前にモンスターズインクゴー&シークやプーさんのハニーハントあたりのファストパスを取ってからにすると、次の予定も確定して賢い動きになりますよ♪

必見アトラクションと要注意アトラクションはコレだ!

続いてはぜひ乗ってほしいおすすめアトラクションと、要注意のアトラクションについて。

ディズニーランドは、幼児でも乗れるアトラクションがたくさんあります。

とはいえ基本混雑と待ち時間からは逃れられないので、せっかく並ぶならディズニーランドならではの子どもが喜ぶものを厳選して乗せてあげたいですよね。

そこでまずは、幼児連れにはぜひおすすめしたいアトラクションベスト3をご紹介します!

  1. イッツアスモールワールド
  2. プーさんのハニーハント
  3. ミッキーのフィルハーマジック

この3つは怖がりだったり絶叫系が苦手なお子さんでも楽しめると思います。

イッツアスモールワールドは大きな船に乗ってかわいらしい空間を進むだけなのですが、もうなんというか・・癒し。人類の癒しです。乗ると世界は一つだなって思います(影響されやすい)。

数年前のリニューアル後、あちこちにディズニーキャラクターが登場したのでお気に入りキャラを探す楽しみも増えました。

またプーさんのハニーハントですが、プーさんは家にある育児グッズのどこかしらに登場しているような大人気キャラクターなので小さな子でも知っている子が多いのではないでしょうか。雰囲気もほんわかかわいい乗り物なので、きっと楽しめます。

最後のフィルハーマジックは3Dメガネをかけて立体映像を楽しむショー型のアトラクションですが、3歳の娘はいろんなものが目の前まで飛んでくる映像に教科書通りの驚きの反応を示していてとっても面白かったです笑

メガネのサイズが大人用しかないのでショー中は親がメガネを支えてあげる必要がありますが笑、子どもらしい素直な反応が見られる楽しいアトラクションでした。

続いて、幼児は乗れるけどトラウマなるんちゃうかコレは!と思う要注意のアトラクションも書いておきます。

  • 白雪姫と七人のこびと
  • ピノキオの大冒険
  • カリブの海賊
  • スプラッシュマウンテン

ホーンテッドマンションは書くまでもなくお化け屋敷で怖いですが、要注意なのは白雪姫やピノキオの乗り物。大好きな白雪姫に会いたい♪的なテンションで乗ったが最後、終始なんならホーンテッドマンションを上回る?怖さの空間をトロッコが駆け抜けます笑

大人でも一人で乗るのはちょっと・・・と思うほどの不気味さなので、小さな子どもを乗せるのは避けた方が無難だと思います。

また、カリブの海賊もしかり。こちらはなんとなくイメージが付きますが、終始薄暗く不気味な雰囲気の中をゆっくりと船で進んでいくので、怖がりな子は要注意です。

最後にスプラッシュマウンテン。これは絶叫系だから幼児は乗れないでしょ。と思っていると、なんと身長90cmあれば乗れてしまいます。ということでものは試しと身長93cm、3歳の娘を乗せてみると・・・

かわいそうなくらい体がこわばり顔はひきつり、子ども用ジェットコースターが大好きな娘でも半泣きで怖がっていました・・・なんかごめん。でも記念に写真買ったよ。笑

いかがでしょうか。

初めての幼児連れディズニーはいろいろと未知な部分も多いですが、楽しみポイントをしっかり押さえて効率よく過ごせるすてきな一日にしてくださいね♪

ではまた次回!

スポンサーリンク







よろしければシェアお願いします

フォローする