【洗面台紹介】LIXIL(リクシル) MVシリーズ

こんにちは、あんずです。

今日は、我が家が選んだ洗面台、LIXILのMVシリーズをご紹介します。

洗面台の選択肢は、↓の4つのメーカーでした。

  • パナソニック
  • LIXIL
  • TOTO
  • タカラスタンダード

こちらもキッチン同様、4つすべてのショールームで実物を見ながら説明を受けました。

その上でなぜLIXILのMVシリーズに決めたのかという理由と、つけたオプションをご紹介します。

ちなみにこのMVシリーズは一般向けではなくビルダー専門で出しているようで、2016年にリニューアルされています。(我が家の導入は2017年)

スポンサーリンク




洗面台をLIXIL MVシリーズに決めた理由

我が家がLIXIL MVシリーズを選んだ理由は大きく2つあります。

蛇口に強いメーカーであること

日本における「蛇口」(水洗金具)のトップシェアブランド1位2位は、TOTO、LIXILであることはご存じでしょうか。

そもそもLIXIL自体は2011年にできた新しい会社ですが、住宅用建材・設備を扱う5社が統合されてできた会社であることは有名な話ですよね。

その5社の中に、INAXという老舗の洗面台メーカーが入っています。1945年、つまり終戦の年から洗面陶器やトイレの製造を開始しているようです。

そんな歴史があることも要因して、蛇口もシェアNo.2というところまでのぼりつめたのですねぇ。

そして現在は、TOTO、LIXIL以外のメーカーの洗面台でも、蛇口だけはLIXILという場合もあります。ショールームでしれっと蛇口のメーカーも聞いてみてください。

つまり!

蛇口になにか不具合やトラブルが起こった時に、TOTOやLIXILなら直に修理依頼等の対応が可能だけど、その他のメーカーだったら伝言ゲームで修理依頼になる可能性がある

と言えます。

まぁ大手メーカーならきちんと対応してくれるとは思いますが、やっぱりそのあたりで、LIXILのポイントがぐっと上がったのでした。

なぜTOTOではないのかというと、

デザインです。。TOTOのすべてがNGなわけではないはずですが、同価格帯の選択肢のシリーズで比べるとおしゃれさで一歩落ちてしまいました。。

なんというか、昭和からありそうなごく普通の洗面台、という印象でした。

上から水洗の、掃除のしやすさ

そしてもうひとつLIXILを選んだ理由が、選べた各メーカーのシリーズの中で、LIXILだけが上から蛇口がぴょこっとでているタイプでした。

つまり、水垢がたまりやすい蛇口元がないのです。ブラボー!

これだけで、洗面まわりの掃除の手間半減、いやそれ以下かもしれません。実際数か月使ってみて、かなり楽して気持ちよくすごせています。見た目もおしゃれですし、言うことなしです。

他メーカーでもシリーズが違えば上から水洗はあると思うので、選べるなら上から水洗、おすすめです。

つけたオプション

では続いて、つけたオプションについてご紹介します。

横幅を広げた

もともと選べたのは60幅の洗面台。しかしショールームで見てしまったが最後、幅の広い洗面台のかっこよさに憧れて、結局120幅まで広げました。

収納も増えて、娘が大きくなっても2人で鏡を使える幅があるのはうれしいところです。

フルスライドタイプ

収納のパターンを、写真のよう引き出し2段のフルスライドタイプにしました。

他には、開き扉タイプ開き扉+引き出しタイプがあります。

値段的には、そんなに大きな差ではないですがフルスライドタイプにするのが一番高い選択でした。

が、見た目と使い勝手という2大ポイントでここは迷わずこのタイプを選んだのでした。

ちなみに我が家は取っ手なしですが、取っ手つきを選ぶこともできます。

ライト

あとは、鏡の上についているライトがもともとがやや大きくぼてっとした見ため(スタンダードLED)だったので、スッキリ見えるもの(スリムLED)に変更しました。

以上の3点が追加したオプションです。

洗面台もいろいろと悩みましたが、結果的に満足のいくお気に入りを見つけることができました。

デザイン・掃除のしやすさなど洗面台の決め手はいろいろあるとは思いますが、機能面ではどのメーカーもひと昔前にはなかった工夫を凝らしています。ぜひショールームで実物を見て触ってみてください。

快適なお気に入り洗面台が、みなさんもみつかりますように。

ではまた次回!

スポンサーリンク







よろしければシェアお願いします

フォローする