ニット生地は水通し必要?不要?

こんにちは、あんずです。

布ものハンドメイドをするにあたって避けては通れない「水通し(地直し)」工程。

洋服が出来上がってから洗濯をしたとき等に型崩れをしないよう、あらかじめ布の縮みやゆがみを直すというあの作業です。そう、やたらと時間と手間がかかるあの作業です。。

布帛(伸びない生地)であるシーチングやリネンを使ったときは迷いなく(観念して)実行していました。

が、ニット生地を使おうと思った時にふと、もしかして、ニット生地って、水通しいらないとかそんなことないかな?(期待)と調べてみたところ、意見が必要説・不要説と真っ二つに割れていることを知りました。

ということで、ニット生地の水通しについていくつかの理由を踏まえて結論を出したいと思います。

スポンサーリンク




そもそもなぜ縮み、歪むのか

そもそも生地の縮みや歪みはなぜ発生するのでしょうか。

その答えは、

使っている繊維に吸湿性があると、吸湿によって変形するから。

繊維って。そこまでさかのぼっちゃうのというところですが、水通し不要説を裏付けるために検証するために、さかのぼります。

繊維とは天然繊維では綿やリネン、化学繊維ではポリエステルやナイロンなどなど、昔家庭科で習ったような気がしないでもない名前のものが山ほどありますが、

その中で、吸湿性のあるものとないものがあるようです。湿気を吸うかどうかですね。

そして吸湿性のある繊維は、生地になるまでの工程で湿気を吸うことで多少なりとも形を変えてしまうのだそうで。

その変わってしまった形のまま裁断・縫製をして洗濯をすると、歪んだ生地はもとの形にもどろうとして形を変えてしまうため、歪みや縮みが生じるということなのですね。

なので裁断前に一度ざばざばっと全体を水につけてしまって、変わってしまった箇所を元にもどして均一にしてから作業に取り掛かりましょう、というのが水通し、地直しなのですね。

ニット生地に使われる繊維とは

ではでは、ニット生地はどんな素材でできているのでしょうか?ニットに使われる繊維素材は吸湿性があるのでしょうか?

こたえは、ニット生地に使われる繊維素材は多岐にわたり、さらに高確率で吸湿性あり、です。ずーーーーん

なんやらあいまいですが、メジャーなニット素材(スムース・フライス・天竺)には、ほとんどすべての繊維素材が使われる可能性があるようで、しかも購入するときに説明やタグを見ても繊維素材まで明記していない場合も多い為、「この素材なら吸湿性がない・低いので水通し不要」だと結論づけるのは難しいのです。

そして、布帛にもニットにもとても多く利用される繊維である「綿」は、ずばり吸湿性ありの繊維ということもあり、素材がわからなければ水通しする方が無難、という結論になってしまうのですね。

ちなみに吸湿性がなく水通し不要だと言われているのは、シャカっとしたナイロン素材や形状記憶加工されたシャツなどにもつかわれているポリエステルだそうで、吸湿しないために生地サイズが安定しているのでプロでも水通ししない場合が多いそうです。

ニットの水通し不要説の真相

では、ちまたでうわさされる?ニットの水通し不要説はどういった理由の上にあるのでしょうか?大きく2点あるようで、

  1. 編んで作られているニットの水通しは初心者には難しく、場合によってはさらに歪ませることになる
  2. ニットはそもそも伸縮性があるので、多少縮んでたり歪んでも着られる

というのが、不要説の理由のようです。

なるほど、余計に歪ませたりしたら凹むなぁ。。

結論

では、結論です。

ニットであろうと縮み・ゆがみは発生する可能性が高いので基本水通し必要

ニットの水通し作業は難しいことと、もともと伸縮性のあるニットは多少サイズが変わっても着られることから、自己責任でせずに済ましてみるのもあり

というところでしょうか。

うーん。ニットの水通しの難しさについてはニットの種類にもメーカーにもより変わるでしょうから、いちいち挑戦して様子を見るほかなさそうです。

何メートルもある大きな布をいきなりじゃばっといくのは大変すぎるので、はぎれを切ってどれだけ形が変わるかを検証するのも手ですね。

いずれにしても、手間のかかる作業であることは間違いない水通し。これもお気に入りの一着を作るための工程だと割り切って、楽しめるようになれればいいなと思いつつ。やっぱりめんどくさいなという気持ちは残りつつ。

今回は、以上です。

また次回!

スポンサーリンク







よろしければシェアお願いします

フォローする