シーチング生地で作ったこども服の失敗談

こんにちは、ソーイング1年生のあんずです。

2年ほど前、まだ3作目くらいかな?

娘にこんなワンピースをつくりました。

ソレイアードの生地です。

人気ですよね。

初めてソレイアードの生地を見つけた時、

上品さもありながらちょっと派手なかわいさもある、南欧風のこのテイストに

一目ぼれしました。

これで娘の服をつくってみたい!という衝動にかられて張り切って作成し、

なんとか形になったまではよかったのですが、、

このシーチングという生地、こども服、とくにワンピースには向かないようで。

数回着させましたが、とにかくしわになるのです

調べてみると、シーチングとはもともとはシーツ用の布だそうで、名前もそこからきているようです。

そういわれると糊がしっかりついたパリッと感にも納得です。

ふわっとしたかわいさのある生地量の多いワンピースがあだになり、

チャイルドシートに座ったり抱っこしたり、

あらゆるタイミングでどんどんしわがついていきました。

大人だったら座るときにちょっとスカートを整えて、、という動作もできますが、

こどもに通用するはずもないですもんね。

ただシーチングでも、比較的体に沿わせて作るシャツなどならこども服にしても気にならないかも?

と思うので、いつか試してみたいと企んでおります。

初心者にもとても扱いやすく縫いやすい生地とはいえ、

作りたいものと生地との相性は気を付けないといけないんだなと気づいた初心者ならではの失敗談でした。

スポンサーリンク







よろしければシェアお願いします

フォローする

スポンサーリンク