【読むだけ初心者スケート教室】Lesson3:進みたければななめ前進!

こんにちは、あんずです。

本日は、第三回「読むだけ初心者スケート教室」!

数年間初心者向けのスケートの先生を経験した管理人が、基本文字だけで説明する「読むだけのスケート教室」として、スケートの滑り方のコツやポイントを連載としてご紹介しています。

前回のLesson2では、足をVの字にして氷上を歩く方法を紹介しましたが、今回はそれを踏まえてようやく滑るステップへ進みます。

スポンサーリンク




Vの字歩きの延長で、滑ろう

本日のテーマは、「進みたければななめ前進!」です。

どいういうことか、Vの字での氷上歩きに慣れてきたことを前提として、2つのステップにわけて説明していきます。

ステップ1:一歩を長めに歩く

第一段階は、Vの字歩きの一歩を長めにしてみましょう。

つまり、片足に体重を乗せている時間を少しずつ長くします。

両足のつま先をやや外側へ開いてVの字にすることも、

足を開きすぎないことも、とても大切なポイントなのでキープしてください。

ステップ2:氷をななめ後ろに押し蹴る

片足にある程度体重を乗せられるようになったら、滑るまではもうほんの一歩です。

注目してほしいのは、体重を乗せない方の足の動きです。

これまでの歩く段階では、そっと上げるだけだったと思います。

ここから滑る動作に進むには、この、体重を乗せない方の足で氷を押し蹴る必要があります。

このイラストを見てください。

Vの字をキープしたまま氷を押し蹴るには、イラストの左足のように斜め後ろに、

刃の全体を使うつもりで氷を押します。軽く膝をまげてから、バランスが崩れない程度にそろっと押しましょう。

押したら、そっと体重を右足に乗せて、ななめ前に進みます。

この時、氷の上には右足しかついていない状態になります

押した左足を戻して、今体重を乗せていた右足を今度は逆の斜め後ろに押し蹴ります。

そしてこんどは左足にそっと体重を乗せて、逆の斜め前へ進むのです。

これを繰り返します。

結論

つまり、前に進みたければ、陸上のように真後ろに蹴って真ん前に進むのではなく、ななめ後ろに押し蹴ってななめ前に進むことを繰り返すべし、ということなのです。

陸上で歩くような、直線ラインに沿って足を動かす感覚は、氷の上では捨てましょう。

Vの字で歩くことから順を追って進めば、このななめ前進まで意外と簡単に来ることができると思います。

よくあるNG滑りもさけられる

そして、この二段階のポイントを踏まえれば、よく見るNGな滑りかた

×刃のつま先側にあるギザギザで氷を削って前に進む×

 →真後ろに蹴って真ん前に進もうとしている

×必要以上に足を開いたまま前に進もうとしている×

 →体の中心から体重を移動できず、どちらの足にも体重をのせきれていない

という状態にならずに済むはずです。

最初は、押し蹴るといってもそっと、で大丈夫です。

怖くない程度にそーっと、刃の全体を使うつもりで氷を押してみてください。

慣れてくれば、膝をもう少し深く曲げて力をこめて、ぐっと氷を押し切れるようになり、

加えて膝を伸ばしながら体重を乗せた足で進む感覚もつかめば、

スピードの出る綺麗なスケーティングができるようになっているはずです!

次回は、滑れるようになったら同時に覚えておくべき「ストップ」についてご紹介します!

スポンサーリンク







よろしければシェアお願いします

フォローする